会社概要

TOP > 会社概要

Rupert Neve Designs/SHELFORD 5052:宮地楽器 ミュージックオンライン - aed60

2019-07-12

Rupert Neve Designs/SHELFORD 5052
シェルフォード5052は、ルパート・ニーヴが過去の妥協を越えて辿り着いたクラシックデザインへの魂とも言うべき、伝説の”1073”が持つ明快さと説得力を持ったモジュールです。
マイクプリ、ハイパスフィルタ、3バンドのインダクタEQ、そしてPortico IIシリーズの”TAPE”オペレーションが行える可変式SILK/TEXTUREコントロールを搭載しています。
NEVEカスタムトランスとインダクタ、クラスAディスクリート、+/-24Vトポロジーによるヴィンテージスタイルのチャンネルストリップです。





The Mic Pre


5052プリアンプはシェルフォード時代のルパート・ニーヴの設計と同様、ディスクリート72dB、クラスAゲインカップルとスクウェアコアのトランスフォーマーによって構成されています。
異なる点として出力段に、Portico IIシリーズのRED/BLUE SILK/TEXTUREコントロールを備えたアウトプットトランスを搭載しています。
これは出力段をドライブさせ4-5%のTHD(主に2次といくつかの3次倍音)をコントロールし、出力段のオーバーロードの心配することなくリッチで太いヴィンテージサウンドを得ることができるものです。
SILKスイッチをOFFにした状態では、カスタムトランスによるオープンでナチュラルなモダンサウンドを得ることができます。
またマイクプリには、可変式の20-250Hzのハイパスフィルタ、MIC/LINE切り替え、48Vファンタムパワー、位相反転スイッチをそれぞれ搭載しています。

Dual I/O Paths


5052は、プリアンプの後段にトランスフォーマーカップルの出力を持っており、EQやSILKテクスチャーセクションを5088、5060、ヴィンテージコンソールの様なアナログミックスパスとして使いながらも、マイクプリからの信号を直接DAWやテープマシンに送ることができます。
また、この出力は、マイクプリ、EQ間のコンプレッサーインサートに使用したり、5052のマイクプリ部、EQ部をそれぞれ全く異なるソースに独立して使う場合にも使用します。
"TO EQ"スイッチを押すと、マイクプリの信号はEQに直接送られます。
この場合、5052はMiC/LINE 入力からそのままメイン出力するチャンネルストリップとなります。


The “best of the classics” EQ


EQセクションは特にルパートの過去のプロダクトからインスパイアされています。
3バンドのEQは、それぞれのクラシックモジュールのハイライトがフューチャーされています。
ローフリケンシーバンドはクリーミーにレゾナンスする低音を作りさせることでよく知られる1064がベースになっています。
1064と異なる点は、LFバンドがシェルフとピークフィルタを選択できるようになっており、パンチ、ディメンションをあなたの思うがままにコントロール出来るようになっていることです。
インダクタを使ったミッドレンジバンドは、ルパートの代名詞である1073がベースになっており、これは楽器やスウィートなヴォーカルをミックスに浮き出させる理想的なカーブを持っています。
ハイフリケンシーバンドは、ヴィンテージとモダンのハイブリッド設計になっており、ここのインダクタ回路には1073のキャパシタベースのトポロジーをブレンドさせています。
これによりヴィンテージトーンを持ったエンハンスコントロールが行えるようになっています。

クラシックデザインへの魂とも言うべき、伝説の"1073"が持つ明快さと説得力を持ったモジュールです。

カテゴリトップ>アウトボード>マイクプリアンプ
価格
278,640円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お取り寄せ商品/お問合わせ下さい
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

PAGE TOP